ニキビと喫煙の関係

ニキビとたばこの関係
ニキビの出来る原因

「たばこは百害あって一利なし」と言われますが、健康だけでなくニキビにとっても様々な悪影響があります。 タバコは血流を悪くするタバコを吸うと毛細血管が収縮して血流が悪くなります。食品から摂取した栄養分は血液が運んでくれますので、血流が良くないと栄養 分が肌に行き渡らず、ニキビが出来やすくなってしまいます。ちなみに、タバコを1本吸うと、約1時間毛細血管が収縮した状態が続くと 言われています。

タバコは活性酸素を大量に発生させる

活性酸素は皮脂を酸化させ、ニキビを炎症、化膿させる原因になるものですが、喫煙は、その活性酸素を大量に生み出してしまいます。 活性酸素は、肌老化を早める原因になるだけでなく、ガンや成人病などの原因にもなります。

たばこはビタミンCを破壊する

タバコを1本吸うと体内のビタミンCが25mg~50mg破壊されます。ちなみに、25mgという量は1日の必要量の半分です。ビタ ミンCはコラーゲンを作る働きをしますので、不足するとターンオーバーが正常に行われず、毛穴に角質が詰まりやすくなります。また、 ビタミンCが不足するとストレスに対して抵抗力が弱まると言われています。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。