大人ニキビができる原因と思春期ニキビの違いをまず知ろう

大人ニキビと思春期ニキビの違いと予防
ニキビを知る

大人ニキビ(吹き出物)とは?

大人のニキビを大人ニキビまたはアダルトニキビなどと呼びます。
ニキビの事を25歳を過ぎたらニキビではなく吹き出物などといいますが、医学的に吹き出物という概念はありません。

吹き出物と思っていたものはニキビなのです。
思春期に出来るニキビとは原因が違うため思春期ニキビと区別して、大人ニキビといいます。

大人ニキビは、思春期が終わってからもニキビが直らず出来続ける人もいれば、思春期はニキビが出来なかったのに、大人になったらニキビが出来る様になったという方もいらっしゃいます。

思春期ニキビはホルモンのアンバランスが原因ですが、大人ニキビは、さまざまな原因からなるものです。主にストレスや生活習慣の乱れ、肌の乾燥によるものです。

ストレスがかかるとニキビの原因となる皮脂の分泌量が多くなりニキビの原因となります。生活習慣の乱れは主に肌のターンオーバーの乱れをまねきます。乾燥肌になると、肌に潤いがなくなり、角質が厚くなることによって毛穴を塞いでニキビの原因となります。

大人ニキビの予防方法としては、なるべくストレスを溜め込まないようにする事、規則正しい生活を送る事、古くなった角質やお肌のお手入れをして、保湿をするように心がける事が大事です。

大人ニキビの原因

大人ニキビの場合は思春期ニキビほど単純ではありません。

便秘やビタミン不足、生活環境や仕事のストレス、ホルモンバランスの乱れ、肌の乾燥やターンオーバー周期の遅れなどさまざまな内面の要因が引き金となって肌環境が乱れて大人ニキビができてしまうのです。

ですから皮脂の分泌が増えることだけが原因ではなく、肌の乾燥によって肌荒れをおこし硬くなった角質が毛穴に詰まったり、バリア機能が低下しやすい部分(頬やアゴ、口の周り)など顔のUゾーンにできやすいのです。

大人ニキビの予防

大人ニキビを治すために仕事のストレス軽減や生理前などのホルモンバランスやターンオーバーの乱れを改善しようとしてもすぐには無理ですよね。
今日から生活を改善します!なんてなかなか出来ることではありません。

でも大丈夫!
今までのスキンケアをニキビを予防する正しいスキンケアに改善し実践することで肌荒れやニキビができにくい肌になることができます。

便秘やビタミン不足を感じているのでしたら、マルチビタミンや乳酸菌などのサプリメントを毎日の食事の補助として取り入れることも大人ニキビ予防につながります。

体の内側と外側両方から大人ニキビができやすい肌環境の改善をするだけで、短期間で繰り返すしつこい大人ニキビに悩まされることがなくなります。

思春期ニキビ

思春期のニキビは青春のシンボルと言われていて、この頃はニキビの出来やすい年頃です。何故思春期にニキビが出来やすいのでしょうか?それはホルモンのバランスが不安定だからです。

ホルモンのバランスが崩れると角質が厚くなり毛穴を塞ぎます。
すると皮脂の分泌が出来なくなったしまいニキビが出来やすくなります。

またこの頃の年頃になると、ニキビに悪いと言われている、夜更かしや、偏食、普段の生活の乱れ等が加わってくるのも原因の一つになります。

思春期のニキビはホルモンのアンバランスが原因ですので、大人になるにしたがってホルモンバランスが安定し、徐々に直ってきます。大人になってから出来る大人ニキビは生活習慣の乱れやストレスなどが一番の原因となりますので、思春期ニキビとは区別されます。

思春期ニキビの原因

10代にできるいわゆる思春期ニキビは活発な新陳代謝で過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まってできるのが主な原因です。

皮脂分泌が多い顔のTゾーンにできるのが特徴です。このようなニキビは、ニキビ用の薬で毛穴のアクネ菌を殺菌し皮脂を抑えるスキンケアと毛穴の中まで清潔にできる洗顔をしっかりやっていれば比較的簡単に治ります。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。